FX必勝法で稼ぐデイトレンドFX メイン画像

2009年9月5日 更新

専業トレーダーの1日の流れについてご興味ある方が今までに多かったので、
今回は私の最近の1日のタイムスケジュールについてです。

【起床】
疲れがたまっている時は07:00に起床致します。
それ以外の場合は06:30に起床致します。
携帯アラームをかけていますが、自発的に目が覚めます。

【午前中】
起床後はすぐにチャートを開き、すぐにトレードできる準備を致します。
トレンドが発生していればすぐにトレードすることもありますが、この時間帯は値動きがない場合がほとんどですので、寝ていた時間帯のチャートの動きを確認し、普段見ている全時間足チャートにトレンドラインを引き、レジスタンスやサポートラインの確認、当日の経済指標、ファンダメンタルズ要因の簡単な情報収集を致します。
株のスイングトレードも行っていますので、国内株式市場の寄りが1日の始まりという感じです。
朝食は午前中の空いた時間に買いだめしているカロリーメイトを1箱食べます。これが昼食も兼用になっており、朝食と昼食はあまり量を食べません。

【11:00〜14:00】
この間に入浴致します。入るタイミングは為替相場が動いていない時です。

【15:00〜17:00】
朝と昼をほとんど食べていないのでこの間に夕食を食べます。夕食は毎回出前を取ります。出前を取る理由は為替相場のチャンスを見逃さない為です。全ての食事はチャートの前で食べます。トレード優先ですので、食事中でもチャンスがあればトレード致します。

【17:00〜翌02:00頃】
この間もトイレ以外席を一度も外さずトレードです。
大体翌02:00頃になり、相場が落ち着いていればその日のトレードは終了です。

私が日々一番心がけていることはチャンスを逃さないということです。
為替相場にはトレンドが発生しやすいという特徴がありますが1日中一方方向にトレンドが発生し続けているということは、短期時間軸ではあまりありません。
動いて ⇒ 止まって ⇒ 動いて ⇒ 止まって
というサイクルを繰り返し、短期時間軸ではトレンド転換もあります。この動いている時間がチャンスなのは明白ですがこのチャンスをいかに多く拾えるかが勝敗の生命線でもあり1日の獲得利益の最大可につながります。

いつ動くかわからない為替相場では忍耐力がとても重要だと思います。


コラム一覧に戻る

デイトレンドFXのトップに戻る