FX必勝法で稼ぐデイトレンドFX メイン画像

2009年8月5日 更新

今回は私の中学校の頃の同級生の話です。

元手数十万円からFXを始め、現在は個人資産億を超える凄腕のデイトレーダーです。彼は専業デイトレーダーですので、自分の好きな時間にいつでもトレードできる環境下にいます。しかし、自称集中力が続かない彼は、1日に3〜5時間位のトレード時間でエントリーする回数は1〜4回程度です。主にユーロ/円を好んでトレードしている彼は、ある簡単なルールだけを決めて後はあまり細かいルールを設けず、自由気ままにトレードしています。

彼のあるルールとは、
・1日最低30〜50pips獲得したら、その日のトレードを終了する準備をする。
・1日50pips負けたら、その日のトレードは強制終了する。
ざっと上記のような感じです。

彼いわく、1日の目標利益を程ほどにすることで、深追いもしないし精神的プレッシャーもないそうです。トレード強制終了条件があるので、1日単位の大負けがないそうです。仮に負けても次の日はまた冷静にトレードできるので、日ベースの連敗がとても少ないそうです。

ロンドン時間で利益目標を達成すれば、ニューヨーク時間はトレードしないそうで、チャートを開くことも、米国指標を気にする事もないそうです。

元手数十万円の頃から資産が増えた今でも淡々とこのルールを守っているそうです。資産が増えた今は、保有中通貨ペアの損益の円表示を隠し、損益のpips表示だけを確認するようにしているそうです。これにより、資産が増えても精神的プレッシャーが増すことはなく今でも順調に資産増加が続いています。

私とは全く違うタイプのトレーダーなのですが、FXにのめり込まず、ある意味ゲーム感覚でトレードしている彼のスタイルがしっくりくる方もいるのではと思い、今回のコラムの記事にさせて頂きました。

例えば、全財産や生活資金をトレードにかけることを、私は推奨致しませんが、一方で生活資金をかけたお金だったからこそ、プレッシャーがかかる環境下だったからこそ財を築けたトレーダーがいるのもまた事実です。

大切なのは自分自身の性格や人間性にあった手法、スタイル、環境を知り、身につけることだと言えそうです。


コラム一覧に戻る

デイトレンドFXのトップに戻る